一緒にすごせる時間が何より幸せ!

もしも私がこんなふうに産まなければ、もしもあの時にあのようにしていたら今とは違ってこの子には障がいというハンディがなかったのではないだろうかとたくさんたくさん涙を流した日もあったでしょう。

だけど今を一緒に過ごせている幸せは何よりも素敵なことです。

あなたがお母さんだったから、あなたがお父さんだったから、隣にいる子どもたちは安心してこの世に生まれることができました。

話せないかもしれない。動けないかもしれない。思い通りに伝えることができないかもしれない。でも心の中でこう語りかけています。ママがお母さんで、パパがお父さんで心からよかった…って。

関連記事

  1. 障がい児保育っていつから始めればいいの!?

  2. 運動能力は赤ちゃんの時に決まる!?障がい児保育からの脱却!

  3. 障がい児者福祉事業所検索サイトTUNAGUを活用してあらゆるサービスを利用しよう!

  4. NPO法人福岡市笑顔の会って何の団体?

  5. 発達障害児の偏食

  6. 重度心身障がい児の手術の決断で迷う時は