一緒にすごせる時間が何より幸せ!

もしも私がこんなふうに産まなければ、もしもあの時にあのようにしていたら今とは違ってこの子には障がいというハンディがなかったのではないだろうかとたくさんたくさん涙を流した日もあったでしょう。

だけど今を一緒に過ごせている幸せは何よりも素敵なことです。

あなたがお母さんだったから、あなたがお父さんだったから、隣にいる子どもたちは安心してこの世に生まれることができました。

話せないかもしれない。動けないかもしれない。思い通りに伝えることができないかもしれない。でも心の中でこう語りかけています。ママがお母さんで、パパがお父さんで心からよかった…って。

関連記事

  1. 運動能力は赤ちゃんの時に決まる!?障がい児保育からの脱却!

  2. 障がい児子育てが孤独な育児『孤育』にならないための3ヶ条

  3. ☆けいこらむ☆うちのあゆくん ♯2 医療的ケア児の「食」事情

  4. 医療的ケア児の胃ろう食、注入どうしてる?

  5. 我が家の情緒学級中3男児と知的学級小2の男児のお話~障がい児子育て~

  6. わが子が突然に障がいを持った時の心構え